アクセスしやすい場所にある?!

店舗物件を選ぶ時に繁盛する店にしたいと誰もが望むでしょう。重要なポイントとなるのはアクセスしやすい場所にあるかどうかです。人通りの多い大きな道にある物件や、駅前などの物件は、人目に付きやすく、目に付いた店に入ろうと思う人が居るので、お客さんが入りやすくなります。しかしそういった場所にある物件は賃貸料が高い傾向があります。販売するものや営業内容によって収益が異なるため、収益と賃貸料を比較し、無理なく支払える賃貸料の所を選びましょう。

奥まった場所はリーズナブル?!

奥まった場所にある物件は、人通りの多い場所や駅前などと比べて、比較的に賃料が安い傾向があります。それでは客入りが悪くなるのではないかと心配されます。しかし、インターネット上での口コミなどで、広まれば問題ありません。また、隠れ家的な店や静かな場所が好きな人、穴場が好きな人にとって、魅力的な店になり、常連客が付くようになる事も考えられます。味に自信がある場合や、商品にプレミア感を出したい場合は、わざと奥まった物件を選ぶと良いでしょう。

下見は入念にするべき?!

店舗物件の下見をする事はとても大切なことです。入念に下見しましょう。天候に左右されたりする場合もあるので何度が日にちを変えて下見するのも良いです。また、隣に大人気の店などがある店舗物件や同業店だと営業が難しくなってしまう場合もあります。周辺にある店舗も下見しておいた方が良いでしょう。また、周辺地域に住んでいる人や歩いている年代や性別なども見ておくと良いです。地域にあったニーズに合っていないと繁盛は難しいでしょう。

卸売りや倉庫管理などの業種は荷物を頻繁に出し入れするため、敷地内を何度も車両が行き来します。店舗物件を利用する際は駐車場の確保以外に、車両が安全に出し入れできる立地であることを確認することが大切です。