賃貸住宅ではなぜペットを飼ってはいけないのか

基本的に、賃貸住宅ではペットを飼ってはいけないことになっています。なぜかと言うと、アパートやマンションなどの集合住宅では、自分が使用できるスペースだけでなく、廊下やエレベーターなど、他の住人と共同使用する部分があるため勝手には使えないといった理由があるからです。しかし賃貸住宅であっても、「ペット可物件」や「ペット共生物件」と呼ばれる物件についてはペットを飼うことが可能であり、この2つのタイプの物件には、それぞれ特徴があります。

「ペット可物件」の特徴

まず「ペット可物件」は、一般的な賃貸住宅(特にペット用の設備がない賃貸住宅)でペットを飼うことを許可している物件になります。築年数の古い物件に付加価値を付けることを目的として「ペット可」を売りにしている場合が多く、比較的物件数が多い(探しやすい)というのが特徴です。ただし、建物内の全ての住人がペットを飼っているとは限らないため、そのことなどによる住人間のトラブルには気をつけたほうがよいと言えるでしょう。

「ペット共生物件」の特徴

一方の「ペット共生物件」は、ペットを飼うことを前提にしたペット用の設備が、建物や敷地内に設けられた物件になります。共用スペースには、ペットの足を洗う場所や専用の入り口などが設けられているほか、玄関にはリードフック、そして敷地内にはドッグランが設置されているなど、ペットを飼うための設備が充実しているという特徴があります。ただし、ペット共生物件は家賃が高めになる場合が多く、物件数がそれほど多くないという難点もあります。

北海道の物価は本州と比べて安いですが、政令指定都市ということもあり北海道の中ではダントツに札幌の賃貸マンションの相場は高めです。