住宅の建築様式にはどのようなものがあるのか

住環境にこだわりのある人なら、誰もが一度は夢見るマイホームの建設。夢への第一歩として知っておきたいのが、「注文住宅」と「建売住宅」という、住宅を建てる上での形式とその違いです。いずれにも大きな特徴があり、それに沿って、自分の思い描く理想のマイホームが出来上がっていくことが重要となります。今回はその両形式の特徴についてしっかり見ていくことで、後悔のないマイホームづくりというものを考えていきたいと思います。

住環境がイメージしやすい!建売住宅の特徴とは

まず最初に考えるのが「建売住宅」の形式です。この形式の特徴は、購入価格があらかじめ明示されており、住宅内部の間取りや設備・仕様もある程度決まっている、という事です。内装の自由度こそ少ないものの、あらかじめどのような住宅になるかイメージしやすく、チェックもしっかりできます。また、注文住宅よりも割安であり、住宅と土地を一括購入する形式をとるので、コスト面に優れ、工程面の短縮により比較的短期間でマイホームを手に入れることができるのです。

自由にマイホームを構築できる!注文住宅の特徴とは

次に考えるのは注文住宅の形式です。こちらの特徴は何といってもその自由度の高さです。法律の規制内という条件さえクリアすれば、間取りや工程、内装、外装といったプロセスをすべて自分で決めることができるのです。建築士やハウスメーカーといった業者などに、自分の思い描くマイホームの形を提案し、実際に工事を依頼、工程まで細かくチェックすることによって夢の実現をお願いする形となります。場合によっては時間やコストがかかることもありますが、より理想に近いマイホームを作り上げることができるのです。

注文住宅は一般的に坪単位で価格が設定されています。坪単位20万等の低価格で建てられるローコスト住宅が現在は流行しています。