税金対策はマンション経営の基本

マンション経営をする上では税金対策を念頭に置くことが重要です。少しでも所得税を減らせるように節税を行う視点は本業で行うときにも副業として考えている持っている必要があります。不動産所得を減らせるように必要経費を増やしていくことで所得税は減らせます。副業として行っているか、個人事業主として経営をしているか、さらには法人になっているかで節税の仕方にも違いがあるので注意しましょう。特に本業として行うときには法人になった方が良い場合もあります。

法人になると得をする場合もあるマンション経営

マンション経営を本業として行う場合には個人事業主になる方法と法人になる方法があります。一般的には個人事業主になって節税を行いやすくする方法が選ばれますが、状況によって法人を選んだ方が節税できる場合があるので本業にしている人は注意しましょう。個人と法人では課税の仕方が異なるからです。また、法人になることで節税できる項目も増えるため、収入が大きくなってきたときには法人格を取得することも考慮しましょう。

副業のときには難しい節税

副業としてマンション経営を行っているときには所得税の節税はかなり難しくなります。不動産所得がプラスである以上は所得税を減らす効果は得られないからです。積極的にマイナスにしつつ、実際に得られている収入を減らしすぎないように経費を増やす必要があるのが難しい点と言えます。基本的には減価償却費を大きくすることで節税を実現する他ありません。ローンの金額を大きくしつつ、管理費や修繕費積立金を多くして収入を相殺しながら減価償却費で不動産所得を減らすのが基本です。

マンション経営において切り離すことが出来ないのが経年劣化リスクです。住宅が古くなることで、入居率が下がることは否定しようが無い事実です。